記事一覧

平良中吹奏楽部九州出場の演奏披露父母ら激励

 






2019/08/21 09時02分配信 - 教育 -

 九州吹奏楽コンクールに県代表で出場する平良中吹奏楽部の祝いと激励会が18日、同校体育館で行われた。多くの父母や教育関係者が足を運び、吹奏楽部の快挙を盛大に祝うとともに激励を行った。
続き
 平良中吹奏楽部が県大会で金賞受賞するのは、これまでも度々あったが、県代表で九州大会への出場を推奨されるのは今回が初めて。それだけに部員はもとより学校関係者は喜びもひとしおといったところで、祝いと激励会を兼ねた出場記念演奏会には300人近い父母や学校及び教育関係者が詰めかけ、喜びと期待の高さを示した。
 激励会は部員たちによる幕開けの軽やかなドラムライン演奏に続いて同校の池城健校長が挨拶。生徒たちの日頃の頑張りを讃えるとともに、市教育委員会や父母らの支援に感謝の意を示した。ついで市の宮國博教育長も祝いと激励に立ち、快挙への喜びを表明するとともに、今後の支援とあわせて大会本番での健闘に期待を寄せた。
 これら祝いと激励を受けた部員たちは、応えるようにコンクールの課題曲と自由曲を披露。大編成ならではの迫力ある演奏に詰めかけた父母らは一様に魅了された様子で、一曲の演奏が終わるたびに大きな拍手を送っていた。
 演奏会では、出場曲にとどまらず父母ら馴染みの昭和メドレーも披露され、軽やかながらもメリハリのある達者な演奏に、父母の中には心踊る様子で手拍子を打ち、時折口笛も飛び交うなど洗練された演奏を堪能した。
 演奏に耳を傾けた女性の一人は「素晴らしいの一言。堪能した。本番での演奏に期待している」とエールを送っていた。
 この他、会場では寄付金の贈呈も行われ、代表で、北中吹奏楽部の指導も行っている長濱靖教諭が、北中吹奏楽部、マティダ金管バンド、ブラスジャンボリー実行委員会、宮古地区吹奏楽連盟、宮古島吹奏楽団、保護者会からの寄付金を手渡した=写真=。
 平良中吹奏楽部は、24日に熊本県で行われる第64回九州吹奏楽コンクールに県代表で臨む。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21735-1.jpg
激励に訪れた多くの父母に迫力ある演奏が披露された=18日、平良中体育館

ファイル 21735-2.jpg
=写真=

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加