記事一覧

市未来創造センター開館

 






2019/08/18 09時05分配信 - 教育 -

 中央図書館と中央公民館の機能を兼ね備えた「宮古島市未来創造センター」が17日、華やかにオープンした。関係者多数出席の中、午前10時からオープニングセレモニーが玄関前で挙行され、長濱政治副市長、宮國博市教委教育長らのテープカット、250人の招待者が参列しての開館記念式典及び内覧会、祝賀会が多目的ホールなどで開かれ、未来創造センターの新たな門出を祝った。また、午後2時からは一般利用客に開放され、同センターは終日大勢の人出で賑わいを見せた。
続き
 前日の不安定な空模様から一転、朝からカラリと晴れ渡り、未来創造センターの開館を祝福するかのよう。午前10時から正面玄関前で挙行されたオープニングセレモニーでは、みやこ少年少女合唱団による市歌の演奏が行われた後、下地敏彦市長に代わって長濱政治副市長、佐久本洋介市議会議長、宮國博市教委教育長、沖縄県立図書館長で県公共図書館連絡協議会の平良朝治会長、古堅宗和宮古島市未来創造センター長、それに利用者代表の兼島帆七海さん(上野中3年)と座間味千結(平良第一小3年)の7人によりテープカットが行われ、スターウォーズの曲のファンファーレが鳴り響く中、ハサミが入れられセレモニーを終了。
 引き続き、場所を多目的ホールに移して開館記念式典が開かれた。
 所用で欠席した下地市長に代わって式辞を代読した長濱副市長は「本市の重要な生涯学習拠点施設である中央公民館、図書館は老朽化に伴い、未来創造センターの建設が待たれていた。
公民館と図書館、それぞれの役割と機能を維持しながら、新時代に相応しい市民サービス施設として建物の利便性や高度な整備内容の他、新たな取り組みについても積極的に推進したい」と述べた。この後も宮國教育長告辞、来賓の佐久本市議会議長、平良健公共図書館連絡協議会会長の祝辞があり、式典を終了。引き続き古堅センター長と、上地誠賢図書館長の案内で内覧会が開かれ、図書館や研修室などで開催されている記念企画展を見学した。
 会場を再び多目的ホールに移して祝賀会が催され、久田流澄の会池田千賀子舞踊研究会の「とうがにあやぐ」の踊りで幕開け。宮國教育長のあいさつ、長濱副市長の乾杯の音頭や、みつば保育園児のエイサー、中央公民館で活動を続けている風の神太鼓のメンバーによる太鼓演舞とフラダンスサークル「ハラウ・フラ・オ・プアエナ」によるフラダンスが披露され、列席者の大きな拍手を受けていた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21721-1.jpg
テープカットを行う長濱副市長(中央)ら=市未来創造センター

ファイル 21721-2.jpg
多くの市民で賑った図書館=市未来創造センター

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加