記事一覧

県が国へ新たな訴訟 辺野古採決取消抗告訴訟

 






2019/08/09 09時04分配信 - 政治・行政 -

【那覇支局】県は7日、辺野古新基地建設工事にかかる埋め立て承認撤回を取り消した国土交通相の採決は「違法」とし、取り消しを求めて国へ訴訟を起こした。玉城デニー知事は同日に開いた記者会見で、「県の正当性をしっかり訴えていく」と述べた=写真=。
続き
 訴状には、県の承認撤回は法律に基づく適法性があることや、承認撤回を国が取り消した裁決の違法性などが記載されている。県は環境への影響を顧みず工事を強行していることを批判し、計画地における活断層や軟弱地盤の問題、返還条件の問題などを理由に埋め立て承認を取り消した。
 玉城知事は「政府に対し、司法によらず対話による解決の必要性と重要性を繰り返し述べている」とあらためて強調し、「対話によって解決策を求める民主主義の姿勢を粘り強く訴えていく」と決意を示した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21685-1.jpg
=写真=

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加