記事一覧

宮古体育大会開会式、代表選手ら健闘誓う

 






2019/07/22 09時03分配信 - スポーツ -

 宮古島市スポーツ協会(砂川恵助会長)は21日、市総合体育館で行われた第46回宮古体育大会開会式で、同協会の発展や競技の普及発展・競技力向上に尽力したとして長濱博文さん、安慶田成夫さん、池間作一さん、中村尚司さん、譜久村英二さんの5人に「スポーツ功労賞」、総合型ひららスポーツクラブ(仲間源栄会長)に「優良スポーツ団体賞」を贈った。また新しい優勝旗を贈呈した共和産業、先嶋建設、宮古総合開発の3社には感謝状を手渡した。
続き
 長濱さんは市体育協会長などを歴任して、「協会の法人化を目指し、多大な努力と情熱を注ぎ、その実現の礎を作った」と評価。安慶田さんは北学区体育協会再始動時に役職に就き、宮古体育大会では3連覇の記録に貢献した。
 池間さんは佐良浜学区体育協会の復活設立に陣頭指揮を執り、初代会長としてスポーツ振興発展に尽力。中村さんは佐良浜学区体育協会の2代目会長としてリーダーシップを発揮しバスケットボールの競技力向上にも力を注いだ。譜久村さんは宮古郡剣道連盟の理事として会運営を支え、一般や子どもたちの剣道指導を務めながら少年剣士の親の会役員も歴任し活動できる環境づくりに取り組んだ。
 総合型ひららスポーツクラブは創設して11年になる。会員は80人でラージボール卓球大会で健康増進活動に取り組むほか地域貢献として海浜、公園、道路などのゴミを拾う活動も行っている。
 優勝旗は、共和産業が総合優勝旗、先嶋建設が男子優勝旗、宮古総合開発が女子優勝旗をそれぞれ贈った。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21604-1.jpg
スポーツ功労賞などを受けた個人・団体と砂川会長(前列中央)ら=市総合体育館

ファイル 21604-2.jpg

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加