記事一覧

宮古島夏まつり開催

 






2019/07/21 09時04分配信 - 催事・イベント -

 「宮古島夏まつり2019」(主催・同実行委員会)が20日開幕した。台風5号の影響で一日順延したが、初日は晴れの天気の下、午前10時から漲水御嶽と宮古神社で豊年祈願祭が執り行われた。うたき神道会サスやツカサが祈願し、漲水クイチャー保存会や池間のサスらが祈願舞踊、クイチャーを奉納し、向こう1年間の五穀豊穣と宮古圏域の発展を祈念した。夕方からは平良の西里、市場、下里の3通りで歩行者天国、路上パフォーマンスなどがあり、多くの家族連れや観光客で賑わった。21日はミス宮古島発表会や東西大綱引きなどが行われる。
続き
 漲水御嶽では漲水クイチャー保存会や池間のサス、西原みどり会、徳八流太鼓が祈願舞踊を行った。徳八流太鼓の祈願舞踊では宮古民謡協会が初めて三線演奏で参加。同実行委員会の下地義治委員長や下地敏彦市長ら関係者も祈願参拝した。
 主催者の下地実行委員長は「怜和元年、15回目を迎える夏まつりは地域の人々、観光客に楽しんでいただける夏の夜のビックイベントとして定着している。今回はタイミングよく香港便も初就航したので国内外から大勢の観光客が参加されるものと期待している。歩行者天国などを楽しみ、中心商店街の活気溢れる賑わいを満喫し夏まつりを楽しんでほしい」と呼びかけた。
 下地市長は「台風の影響を心配していたが、いい天気となった。この夏まつりでは五穀豊穣と大漁、ますますの発展を祈願する。みなさんと一つになって夏まつりを盛り上げ楽しんでいきたい」とあいさつした。
 最終日の21日は前日に続き歩行者天国やサッカーエキサイティングスポーツがあり、市公設市場前の特設ステージでは宮古高校フラダンス、パニパニガールズ、イオン琉球贈呈式、宮古島市友好都市「静岡県藤枝市」ご当地PR、アイラナフラダンスパフォーマンスが披露される。午後6時からはミス宮古島発表会、午後7時20分からは同市場前交差点で東西大綱引きが行われる。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21598-1.jpg
宮古島夏まつりが開幕し、豊年祈願祭ではクイチャーを奉納した=漲水御嶽

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加