記事一覧

より良い計画へ議論を子ども子育て会議委員を委嘱

 






2019/07/19 09時03分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市(下地敏彦市長)は17日、市子ども・子育て会議委員の委嘱状・辞令交付式を市役所平良庁舎で行った。長濱政治副市長から委嘱状・辞令を受け取った委員20人が第1回会議を開き、会議の役割や今後のスケジュールなどを確認。第2期市子ども・子育て支援事業計画策定への作業をスタートさせた。会長に垣花道朗氏(NPO法人県学童・保育支援センター)、副会長に下地律子氏(市福祉部長)が選任された。
続き
 この中で長濱副市長は「市の子どもたちの将来に向けて互いの意見をぶつけ合いながら子どもたちが明るく元気に育ち、市の発展に向け活躍するためにどう導いていくのかしっかりと議論して頂きたい」と期待を寄せた。
 昨年度に引き続き会長となった垣花氏は「この会議は来年度から5カ年間の子どもたちに関わる施策、事業、施設整備に係る計画策定に関わるもの。保護者の切実な声を踏まえ、この5年間で何が足りなかったのか、いかに子どもたちの最善の利益を守っていくかなど、遠慮なく意見して本当に良い計画にしていきたい」と意欲を見せた。
 同会議は、▽子育て当事者や子育て支援当事者等の参画を得て、子育てに関するニーズを「子ども・子育て事業計画」などに反映することをはじめ、新制度に基づく子ども・子育て支援施策を、本市における地域の子どもや子育て家庭の実情を踏まえて実施する▽新制度に基づく子ども・子育て支援施策の実施状況の継続的な点検・評価・見直し(事業計画のPDCA)を行う―ことが目的。
 委員は次の通り。
【保育・幼稚園部会】岡村尋基(平良区域児童保護者代表)、伊良部みのり(城辺区域児童保護者代表)、中村裕也(伊良部区域児童保護者代表)、仲間亮二(市法人保育連盟)、砂川ルミ子(市立保育所(こども園)長会)、砂川美樹(市幼稚園教諭)、新城久恵(学校法人花園学園はなぞのこどもえん)、照屋勝枝(学校法人カトリック学園みつば幼稚園)、来間真利子(一般社団法人入江保育園)、下地律子(市福祉部長)、下地信男(市教育委員会教育部長)
【子育て支援部会】川満広紀(下地区域児童保護者代表)、佐渡山公平(上野区域保護者代表)、勝連聖史(株式会社ビザライ)、与那覇隆(宮古島商工会議所)、徳嶺安子(放課後児童クラブみなみ童夢)、上地常美(上野地域子育て支援センター「はくあい」)、砂川靖夫(宮古地区小学校長会)、平良慶子(市母子保健推進員協議会)、垣花道朗(NPO法人県学童・保育支援センター)

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21589-1.jpg
平良区域児童保護者代表の岡村さん(左)ら委員20人に委嘱状・辞令が交付された=17日、市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加