記事一覧

田上さんが上野小・中にマンゴー寄贈、児童ら大喜び

 






2019/07/18 09時02分配信 - 社会・一般 -

 市内上野地区でマンゴー農家を営んでいる田上哲哉さんが16日、市立上野小学校を訪れ「上野小・中学校の子どもたちにマンゴーを食べてほしい」と寄贈した。
続き
 贈呈式は午後5時から行われた。サッカー部の児童らも参加し、マンゴーの甘い香りに「おいしそう」と目を輝かせた。田上さんは「宮古に住んでいてもなかなかマンゴーを食べる機会がない。将来、島を出ていく子ども達には古里はマンゴーの産地だと思って旅立ってほしい」と話した。同校の本村晃則校長は「貴重な贈答品となるマンゴーをこのようにたくさん寄贈していただき感謝する。地域に見守られ子どもたちは頑張っている。地元の良さを含め子どもたちに伝えたい」、市立上野中学校の友利和弘校長は「1学期の最後においしいプレゼントを頂き生徒たちも喜ぶと思う。活躍で恩返しできるようにしたい」と述べた。同部の新里蒼太くん(6年)は「マンゴーのプレゼント嬉しい。明日食べるのが楽しみ」と笑顔を見せた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21585-1.jpg
マンゴーを寄贈した田上さん(左)=上野小学校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加