記事一覧

港湾整備に貢献、先島建設など表彰

 






2019/07/18 09時03分配信 - 社会・一般 -

 平良港湾事務所(與那覇健次所長)で17日、優良事業所等表彰式が行われ、先嶋建設などが表彰を受けた。
 表彰は、同事務所が発注した工事で2018年度に完成した1000万円以上の工事16件及び500万円以上の業務7件を対象に選考したもので、結果、優良施行工事部門で平良港(漲水地区)臨港道路(防波堤外)築造工事を施工した先嶋建設(黒島一洋社長)、優良下請業者及び下請技術者部門で、極東建設(松原成忠社長)と同社技術者の奥間敏浩工事部次長、優良業務部門で「平良港(漲水地区)岸壁(マイナス10㍍)(防波堤外)改良設計業務」を履行したパシフィックコンサルタンツ沖縄支社(塘一成支社長)が選定された。
続き
 選定理由について與那覇所長は「優良工事部門は国際クルーズ拠点整備事業の臨港道路整備で、3DCADを用いて全ブロックの据付管理を水中及び陸上から行い据付精度を確保。また型枠固定方法を工夫し、曲線的な上部コンクリートを許容範囲内に納めるなど高い技術力で工事を事故無く完了した。そして下請け従事した極東建設と奥間技術者は、水中部における基礎捨石及び被覆石均しにおいて水中バックホウを利用して迅速施行や効率的な作業船配備など高い技術力を示した。また設計業務に従事したパシフィックコンサルタンツ沖縄支社は、岸壁改良設計で14万㌧級から22万㌧級に設計変更が求められる中、発注者の指示を的確に把握し、適切な工程管理を行い高い精度で業務を完了した」とそれぞれ高い技術力を評価した。
 表彰後、受賞者を代表して先嶋建設の黒島社長は「高い評価を誇りに思う。今後とも宮古発展の一翼を担うべく精進したい」とあいさつした。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21584-1.jpg
表彰を受けた(前列左)から松原社長、黒島社長、與那覇所長を挟み塘支社長、奥間次長=平良港工事事務所

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加