記事一覧

県産品の優先使用を、地場産業団体が要請

 






2019/07/12 09時03分配信 - 産業・経済 -

 地場産業振興の一番の近道は「県産品の愛用」と11日、日頃県内でモノづくりに励む企業の代表らが宮古島市を訪れ、下地敏彦市長に理解と協力を要請した。県産品奨励キャンペーンの一環として要請を行ったのは、沖縄県工業連合会の古波津昇会長を団長とする15の団体、企業で、それぞれ自社の生産品をPRするとともに、地場産業の振興は自立型経済の構築につながるもので、それには行政の協力が不可欠として要請を行ったもの。これら要請に下地市長は理解と最大限の協力を示した。 
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21556-1.jpg
県産品優先使用など要請した古波津会長(左)=市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加