記事一覧

もしもの時、備えたい 心肺蘇生法学ぶ

 






2019/07/11 09時02分配信 - 社会・一般 -

 宮古島市社会福祉協議会(饒平名建次会長)「つどいの広場くれよん」が10日午前、市消防本部で乳幼児の救急法学習及び消防署見学を行った。くれよんを利用するゼロ歳から5歳までの親子13組27人が参加し、心肺蘇生法など万が一の際の対応法を学ぶとともに、救急車など消防車両の乗車体験を行い、市民の生命財産を守る消防業務への認識を深めていた。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21552-1.jpg
応急手当指導員のアドバイスを受けながら心肺蘇生法などを学ぶ母親たち=市消防本部

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加