記事一覧

西中煙突ボイラー遺構発見

 






2019/07/11 09時05分配信 - 文化・芸能 -

 市城辺の県道根間地与那節線沿いにある国の登録文化財(建造物)、旧西中共同製糖場煙突の仮補修工事が現在宮古島市教育委員会の手によって進められているが、同教委では10日午前、同工事現場で会見し現状について報告した。それによると補修工事の際、整地作業を行ったところ土に埋まった部分からボイラー遺構が発見されたことが、初めて明らかにされた。国の登録文化財に指定されている範囲は煙突の部分であるため「新たな発見だ」として、地主の了解や、申請手続きの書類作成など追加登録に向けて作業を進めていく予定。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21549-1.jpg
足場が組まれ補修工事が本格化する旧西中共同製糖場煙突=城辺西里添

ファイル 21549-2.jpg
初めて発見された西中煙突ヨコのボイラー室遺構

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加