記事一覧

宮古高校2年生対象にビジネスマナー研修

 






2019/07/04 09時01分配信 - 教育 -

 高校生のインターンシップに向け意識の高揚を図ったビジネスマナー研修会が3日、宮古高校で行われた。
 同研修会は2年生を対象にインターンシップを控えて、意識の高揚を図るとともに全てのビジネスシーンで必要とされるビジネスマナー・ビジネスコミュニケーションを体得・理論で習得し、インターンシップや学校生活において成果を発揮できることを目的に行われた。
続き
 1組から7組までの生徒がそれぞれのHR教室に分かれて行われた研修会には紺碧・ザ・ヴィラオールスイートから高里照大さん、儀間大輝さん、平松麻希さん、それに県キャリアセンターから金城明子さん、大城大さんを講師に招いた。
 研修はビジネスマナーに始まり、社会人として働くには、職場で人を思いやり、不快感を与えぬよう気配り、結果、コミュニケーションがしっかりできている職場は効率良く進む。そのために必要なマナーやルールをしっかり身につけることが大切で、社会人と学生の違いを意識し、社会人として1日も早くプロになるための基本行動パターンを学ぶことなど強調された。
 そしてビジネスの基本として①健康管理の重要性②働くことの意味③会社というもの④会社組織などの理解が必要と強調した。
 そのほか仕事の基本として計画、実行、検討・反省、再度実行のサイクルの重要性や、「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」の徹底など示唆溢れる講話が行われた。
 またインターンシップを控えた事前学習として、詳しくイメージすることで不安を減らし、やる気をアップさせたり、何のために行くのか、何をするのか、など目的の明確化の大切さが示され、リアリティある内容に、生徒たちは熱心に耳傾けていた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21522-1.jpg
インターシップを控えて、留意点などの講話が行われた=宮古高校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加