記事一覧

参院選きょう公示、安里、高良氏の一騎打ちへ

 






2019/07/04 09時05分配信 - 政治・行政 -

【那覇支局】21日投開票の第25回参院選は、きょう4日に公示される。シンバホールディングス前会長の安里繁信氏(49)=自民公認、公明、維新推薦=と、「オール沖縄」勢力が推す同じく新人で琉球大学名誉教授の高良鉄美氏(65)が立候補を予定しており、事実上の一騎打ちとなる公算が大きい。それぞれの陣営は、沖縄本島で支持者を最大動員し出発・出陣式を行う。このほか、新人でNHKから国民を守る党の磯山秀夫氏(72)も出馬を表明した。
続き
 安里氏は、沖縄を前に進めると強調しポスト沖縄振興計画を最重要と位置付けている。41市町村47有人島をすべて訪れた経験から、地域の課題を拾い上げ地域活性化にも力を入れる。新基地建設問題には賛否を明確にせず、事実を重く受け止め、政府与党へ沖縄の現状を訴えていく姿勢。宮古・八重山地区への陸自配備については肯定的で、災害救助の観点から自衛隊の重要性を強調する。
 高良氏は玉城デニー知事の県政を支持し、普天間基地の名護市辺野古への移設に反対する立場を強調している。宮古・八重山地区への陸自配備についても、住民の合意が得られないうちは反対とする立場。憲法学者としての立場から、憲法改正を阻止する考えを明らかにしている。10月に予定している消費税率10%への引き上げも「断固反対」としている。
 公示日を迎え、安里氏は午前8時から浦添市の大平交差点で出陣式を行う。続いて宜野湾市、北中城村、中城村、西原町、与那原町、南城市、南風原町、八重瀬町、糸満市、豊見城市と移動し午後7時過ぎに那覇市の事務所に戻る予定。高良氏は午前10時から名護市の瀬嵩の浜で出発式を行い、辺野古ゲート前で街頭演説をしたあとは名護市役所前、うるま市、宜野湾市で演説し午後6時から那覇市の県民広場でのキックオフ集会に出席する。
 県選挙管理委員会によると、7月3日現在の有権者数は117万2241人(男性57万1819人、女性60万422人)。このうち宮古島市は4万5118人(男性2万2639人、女性2万2479人)、多良間村は856人(男性463人、女性393人)となっている。
 立候補を表明していた沖縄戦被害・国家賠償訴訟弁護団団長の瑞慶山茂氏(76)と県職員の石田辰夫氏(66)は、立候補を取りやめた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21518-1.jpg
安里繁信氏

ファイル 21518-2.jpg
高良鉄美氏

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加