記事一覧

意見発表池原さん(宮古総実)が最優秀

 






2019/06/30 09時03分配信 - 教育 -

 本島豊見城市の豊見城市立中央公民館で27、28日の両日に行われた「第67回沖縄県学校農業クラブ連盟大会」に出場した宮古総合実業農業クラブ選手団が29日、帰島し宮古空港ロビーで出迎えた父母らに報告を行った。同大会では意見発表の部で池原楓梨さん(2年)が最優秀賞、家畜審査の部で野原琉久君(3年)が優秀賞、スローガンの部で下地来夢さん(2年)が優秀賞を受賞した。
続き
 同大会には引率者を含め44人が参加した。午後4時半頃にロビーに到着した生徒らは、横断幕と共に出迎えた父母や学校関係者に対し大会報告を行った。選手団を代表し東宏樹教諭が「体調を崩すことなくみんな無事に帰ってきた。入賞できた生徒、できなかった生徒も含めそれぞれの競技で練習の成果を発表できた。大会での経験が成長に繋がる。今後に期待したい」と述べた。これを受け伊波浩教頭は「これまでの練習の成果が発揮できたと思う。賞を取れた人は県の代表として頑張ってほしい。今回は入賞を逃した人もこれが最後ではない。達成感を忘れずに頑張ってほしい」と話した。
 最優秀賞を受賞した池原さんは「初めて参加した。今までやってきたことをしっかりだせて良かった」と笑顔を見せた。優秀賞の下地さんは「宮古の代表として実業高校の生徒が活躍できて良かった」、今年が最後の大会となった野原君は「去年も2位だった。プレッシャーはあったし、結果的に最優秀はとれなかったが、精一杯できたので満足している」と語った。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21504-1.jpg
大会を終え無事帰島した宮古総合実業農業クラブ選手団のみなさん=宮古空港

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加