記事一覧

エコアイランド推進課呼びかけでSDGs勉強会

 






2019/06/29 09時01分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市エコアイランド推進課の呼びかけにより27日に市役所平良庁舎で、国連が提唱する「SDGs」(エスディージーズ)に関する勉強会が行われた。勉強会は、宮古島市版SDGsと位置づけを行った「エコアイランド宮古島宣言2・0」に基づき、持続可能な島づくりを進めていく上で、各課と幅広く横断的に連携し、情報を共有することを目的に実施。観光商工課と企画調整課、エコアイランド推進課の職員13人が参加し、SDGsに関する理解を深めた。
続き
 午前10時から始まった勉強会では、エコアイランド宮古島宣言2・0の5つのゴールとしてあげられた▽地下水水質・窒素濃度の削減▽家庭系ゴミ排出量の削減▽エネルギー自給率の向上▽サンゴ被度▽固有種の保全―の課題解決に向けて意見交換を行い互いの課題の共有を図った。また、自然を守り生かす観光や観光客の増加に伴うゴミ排出量の削減などについて今後も議論を強化していくとした。
 SDGsとは、「SustainableDevelopmentGoals(持続可能な開発目標)」の略称。2015年の国連サミットで採択された指針であり、国連に加盟した193か国が16年~30年の15年間で様々な国が抱える課題を包括的に解決するために掲げた国際社会全体で取り組む17の共通目標。28日~29日に開催されたG20大阪サミット(首脳会議)においても主要テーマでもある。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21501-1.jpg
宮古島市版(エス・ディー・ジーズ)の実現に向けて理解を深める市職員ら=27日、平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加