記事一覧

南風原、高里インターハイへ

 






2019/06/27 09時02分配信 - スポーツ -

 先週(13日~17日)大分県で開催された全九州高校体育大会自転車競技で、宮古工業高校2年の南風原凛之介くんと、宮古高校2年の高里一希くんが全国出場権枠(24人)に入り、インターハイ出場を決めた。
続き
 南風原くんはスピードを競うスクラッチと、耐久力が加わるロードレースに出場し、結果、ロードレースで全国出場枠、スクラッチで開催県(沖縄県)枠に入り、二種目で全国大会のインターハイ出場権を獲得した。また、高里くんはロードレースで開催権枠に入り同様にインターハイ出場を決めた。
 全国大会出場を決めた南風原くんは「九州大会はレベルが高いので二種目でのインターハイ出場という結果にほっとしている。全国大会では、スピードのスクラッチは厳しい戦いになると思うが、ロードレースは耐久力なので中位に入れるよう頑張りたい」と抱負。また高里くんは「九州大会は出場枠ギリギリだったが、自分自身成長を感じた。ゴールデンウイーク期間中の練習で全国のレベルの高さは実感しているが、ベストを尽くしたい」と意気込みを見せた。
 二人のインターハイ出場を報告した宮古高校の宮川知彦教諭は「南風原くんは本番に強く、モチベーションのあげ方もうまい。高里くんはようやく全国枠に届いたが、ともに伸びしろはあります」と、さらに距離の延びるインターハイでの健闘に期待を寄せた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21490-1.jpg
全国大会出場を決めた南風原くん(中央左)と高里くん(中央右)に宮川教諭(右端)=宮古高校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加