記事一覧

極真空手、八重山大会で宮古道場選手が活躍

 






2019/06/26 09時03分配信 - スポーツ -

 国際空手道連盟極真会館沖縄県支部主催の「極真空手八重山地区大会」が16日、石垣市総合体育館で行われた。同大会は極真八重山25周年記念大会で型の部、組手の部に92人が出場。極真空手宮古道場からは12人が出場し、笹原空弥(北小6年)が型、組手ともに優勝した。ほかにも伊志嶺一真(平一小3年)が型で優勝するなど活躍を見せた。
続き
 結果は次の通り。
 ▼少年部
【小学6年男子】型・組手優勝=笹原空弥(北)、組手3位=高江洲翔夢(平一)
【小学6年女子】型・組手3位=友利瑞輝(南)
【小学4・5年男子】型準優勝=大浦脩次郎(東)、型3位=下地芭主稀(南)
【小学3年男子】型優勝=伊志嶺一真(平一)、型・組手3位=前泊茶来(平一)
【小学1・2年男子】型・組手準優勝=笹原結星(北)
【中学男子】型準優勝・組手3位=下地響稀(平良)、型準優勝=與那覇陽翔(平良)
 ▼一般部
 組手準優勝=高江洲禎、組手3位=仲間秀吉

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21484-1.jpg
練習の成果を発揮し活躍を見せた極真空手宮古道場の選手たち=16日、石垣市総合体育館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加