記事一覧

市老クゲートボール大会、上地2チームが優勝

 






2019/06/20 09時01分配信 - 文化・芸能 -

 第14回市老人ゲートボール大会(主催・市老人クラブ連合会、共催・NPO法人ばんず)が19日、JTAドーム宮古島で開催された。48チームの選手らが日頃の練習の成果を競い合った結果、上地2チーム(下地支部)が優勝を果たした。
続き
 午前9時半から始まった同大会は48チーム約300人が参加した。開会式では宮古青少年の家の安慶田昌宏所長が「日頃の練習の成果を発揮し頑張ってほしい」と選手を激励した。参加者らは他の支部との交流を深めながら和気あいあいとスティックさばきを競い合った。
 同大会はゲートボールを通して、各支部老連の会員相互の交流と心のふれあいを深めることによって、老人の健康保持と生きがいを高め、会員が明るく豊かな生活と老人の福祉増進に寄与することを目的に行われている。
 結果は次の通り。
 優勝=上地2チーム(川満郁子、砂川妙子、仲原美枝子、川満光江、洲鎌スミエ)▽準優勝=大嶺2チーム▽3位=西中2チーム

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21460-1.jpg
ゲートをねらい真剣な表情の選手と見守る仲間=JTAドーム宮古島

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加