記事一覧

野草の魅力楽しむ、観察と採取、料理に挑戦

 






2019/06/18 09時03分配信 - 教育 -

 宮古島市総合博物館(平良恵栄館長)の2019年度子ども博物館第2回講座「野草の観察会と野草料理~野草肉だんごみそ汁を作ろう」が16日、同博物館と大野山林などで行われた。元教員の川上勲氏を講師に、参加した児童たちが野草を観察しながら食べられるものを採取。野草肉だんごみそ汁づくりに挑戦した。職員のアドバイスを受けながら上手に仕上げ、試食を楽しんだ。
続き
 今回の講座は大野山林の食用植物を知るとともに、実際に採取した野草を調理することで、郷土の自然と文化に対する理解を深めることを目的に行われた。
 午前9時からの講座では、はじめに座学で川上氏が食用植物について説明。大野山林に移動しての野草採取では、児童たちが川上氏に質問しながら「アオビユ」「アキノノゲシ」「ウスベニニガナ」「ヨモギ」「ベニバナボロギク」などを次々と採取していった。
 このうち子ども博物館初参加の仲宗根のいりさん(北小4年)は「楽しそうなので参加した。いろんな野草があるって初めて知った。見たことのある草が食べられるなんておもしろい。きょうは美味しいみそ汁を作りたい」と話した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21447-1.jpg
大野山林での野草採取のあと、野草肉だんごみそ汁づくりに挑戦する子どもたち=16日、市総合博物館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加