記事一覧

平一小、平良中、北中が県へ 地区吹奏楽コンテスト

 






2019/06/09 09時02分配信 - 教育 -

 宮古地区吹奏楽連盟(池城健会長)主催の第18回宮古地区管・打楽器コンテスト=吹奏楽部門が8日、マティダ市民劇場で開かれ=写真上=、小学の部に3校、中学の部に3校が参加して日頃の練習の成果を披露した結果、金賞に輝いた中から小学の部で平一、中学の部で平良と北が県大会への出場を決めた。
続き
 午後2時から行われたコンテストには、早くから出場校の児童生徒や父母ら大勢の関係者が足を運び、演奏を見守っていた。
 小学の部には平一、北、東の3校、そして中学の部には下地、北、平良A・Bの3校4パートが参加し、課題曲・自由曲にわたって熱の入った演奏を披露した。
 耳を傾けた父母らは「参加校全てが想像していた以上のレベルで、コンテストを忘れてとても楽しめた。出場校は県大会でも頑張ってほしい」と各校の演奏ぶりをたたえていた。
 結果、小学の部で平一が金賞、東も同じく金賞、そして南が銀賞となった。また中学の部では平良と北がそれぞれ金賞、そして下地中が銀賞となった=同下=。
 金賞受賞校のうち、小学で平一、中学で平良と北が7月23日~28日に沖縄コンベンションセンターで行われる県吹奏楽コンクールへの出場推薦が決まった。推薦が決まった各校の生徒たちは「推薦されて嬉しい。県大会まで日があるので、もっと練習レベルアップして入賞を目指したい」と意欲を見せていた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21411-1.jpg
=写真上=

ファイル 21411-2.jpg
=同下=

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加