記事一覧

多彩な演舞で魅了 婦人の演芸会、19学区華やかに

 






2019/06/04 09時00分配信 - 文化・芸能 -

 宮古島市 (地区) 婦人連合会 (島尻清子会長) 主催の 「第53回婦人の演芸会」 が2日、 マティダ市民劇場で行われた。 「人と人・心と心をつなぐ地域婦人」 をテーマに19学区の地域婦人会、 各舞踊研究所・教室などから約200人が出演し、 多彩なプログラムで訪れた市民たちを楽しませた。
続き
 幕間に主催者あいさつに立った島尻会長は 「創立70周年を迎えこれからも一層地域の活性化に向けた資質の向上のため頑張っていきたい」 と意欲を見せた。 また、 下地敏彦市長は 「会場が満席になるのは素晴らしい。 平良市の頃から女性の地位の向上、 そして明るい家庭や地域づくりに取り組み、 宮古島市となってからも同様に取り組んできたことに感謝したい。 今日は、 皆さんも一緒になって舞台を盛り上げていきましょう」 とあいさつを行った。 また、 宮國博教育長も駆けつけ、 積極的に活動する婦人会員を激励した。
 公演は、 島尻会長ら役員11人による 「トウガニあやぐ」 で幕開け。 平一学区の 「加奈ヨ~天川」、 南学区の 「ジンギスカン」、 伊良部学区の 「ちゅらさちゅさ」 など、 多彩な演目を次々とステージで繰り広げ、 観客から大きな拍手と声援を浴びていた。 賛助出演として、 おきなわ結い舞踊が本島からかけつけ、 「命やから宝やね~びやらん・喜びの舞」 を披露したほか、 各音楽研究所や教室による演目が次々と披露され、 会場を沸かせた。 フィナーレでは、 出演者全員で創作舞踊を披露し盛り上がりは最高潮のまま幕を閉じた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21387-1.jpg
地区婦人連合会役員による 「トウガニあやぐ」 で幕を開けた=2日、 マティダ市民劇場

ファイル 21387-2.jpg
圧巻の演舞で会場を魅了した風の神太鼓 「ダイナミック琉球」

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加