記事一覧

平良・上場(男子2人制)初V ビーチバレー宮古島大会

 






2019/06/04 09時05分配信 - スポーツ -

 第20回ビーチバレー宮古島大会2019 (主催・同実行委員会) の各部門の決勝トーナメントが2日、 与那覇前浜ビーチで行われ、 男子2人制は宮古島出身の平良伸晃と同大会優勝経験のある上場雄也組、 女子2人制はANA (森岡麻衣・辻村りこ組) がそれぞれ優勝した。 男女混成の4人制ではteamDが頂点に立った。 2日間にわたって開催された同大会には2人制男子8チーム、 2人制女子6チーム、 男女混成4人制86チームの計374人が出場し、 白熱した試合を展開した。
続き
 男子2人制決勝戦で上場・平良組はダニエル・コジマ組をストレートで制し、 初優勝となった。 上場がトスを上げて平良が決めるというシンプルな戦略。 上場選手は 「風が強かったので難しい戦いになると思っていたが、 第1セットはサーブで相手が崩れてくれたので、 第2セットはさらに強気で攻める事ができた」 と決勝戦を振り返った。 2度目の出場となった平良選手は、 今後の目標として 「このペアで東京オリンピックに出場して、 メダルを取りたい」 と語った。
 女子2人制決勝でANA (森岡麻衣・辻村りこ組) は吉澤・米村組をストレートで制し、 初優勝となった。 ANAの現役客室乗務員でもある森岡選手は 「出だしは相手のサーブに手こずったが、 そこをしっかり我慢して、 苦しいボールを点に繋げたのが良かった」 と話した。 元日体大バレー部キャプテンで、 ビーチバレーを始めて2ヶ月の辻村選手は 「間を持って丁寧にパスとトスをする事を一番意識した。 それが上手くいったと思う」 と語った。
 2日は梅雨前線の影響で曇り、 例年のような強い日差しは無かったものの最高気温は29・6度と蒸し暑いコンディションでの大会となった。
 結果は次の通り。
【男子2人制】優勝=平良伸晃・上場雄也▽準優勝=ケーバリーダニエル・小島利治▽3位=西村晃一・柴田大助【女子2人制】優勝=森岡麻衣・辻村りこ▽準優勝=米村信子・吉澤智恵▽3位=松本美友・渡邊典代【男女混成4人制】優勝=teamD (瀬田久史・石垣浩太・岩名知恵・中村裕子) ▽準優勝=Zまりちゃん (与那覇裕亮、 前泊克彦、 五十嵐智美、 中澤茉莉) ▽3位=bull-A (橋本真弥、 田中里奈、 牛渡貴裕、 増田光孝)

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21382-1.jpg
決勝戦でダニエル選手のスパイクをブロックする上場選手 (中央右) =2日、 与那覇前浜ビーチ

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加