記事一覧

多良間小で民具づくりなど「趣味の講座」開講式

 






2019/05/23 09時02分配信 - 教育 -

【多良間】村立多良間小学校 (與那覇盛彦校長) の 「趣味の講座」 開講式が20日、 同校体育館で行われた。 三線や方言、 民具づくりなど講座の講師があいさつし、 3年から6年までの児童たちは各講座を楽しみにしている様子で、 「頑張りたい」 と意欲を見せた。
続き
 講師あいさつでは、 民具づくり講座の富盛玄三さんと本村恵一さんが 「作るだけではなく、 遊びを通して知恵を使ってどうすれば勝てるかと工夫しながら楽しみたい」 と呼びかけ。 また 「昔のおもちゃや季節のおもちゃを作る。 その時には自分で作るように頑張ろう。 興味を持ち、 見て、 家に帰って自分でも作ると楽しく、 大きくなった時に教えることができる」 と述べた。
 受講する民具づくり講座代表あいさつでは、 建川真愛さん (3年) が 「昔の人々はどのように苦労して道具を作ったのかを調べたい。 一つひとつていねいに作りたい」 と話した。
 與那覇校長は 「学校ではたくさんの勉強をするが、 自分の人生を豊かにするためにはいろんな事を学び、 体験することも大切。 そのために6つの講座がある。 地域の先輩に学び、 多良間村の子どもとして誇りを持って頑張ってほしい」 と激励した。
 同講座は多様な交流の場を位置づけることで、 自ら必要な情報を得て、 多様なものの見方を学ぶ中で自分と人との関わりを自覚し、 自分自身との関わり方を考えさせ個性の伸長を図ることを目的に実施。 特徴は 「ヤーディ」 と呼ばれる地域の先輩が講師を務める。
 内容は陸上・球技 (講師・野原康弘さん)、 料理 (同・運天朝子さん、 婦人会)、 方言 (同・照屋健市さん)、 三線 (同・豊見山常和さん)、 農漁業 (本村和也さん、 島袋雅也さん、 土木建設課)、 民具づくりの6講座。 民具づくり講座は数年ぶりの復活で、 方言講座ではたらまふつ副読本 「シュダツズマン パイル」 が使用される予定。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21333-1.jpg
趣味の講座開講式では講師があいさつし、 児童たちが各講座に意欲を見せた=20日、 多良間小学校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加