記事一覧

エフエムみやこ、伊良部に中継局で難聴解消支援

 






2019/05/22 09時02分配信 - 社会・一般 -

【那覇支局】民法ラジオ難聴解消支援事業における補助金の交付式が20日、 総務省沖縄総合通信事務所で行われ、 久恒達宏所長がエフエムみやこの黒澤秀男社長に交付決定通知書を手渡した。 エフエムみやこは免許手続きを経て、 宮古島市伊良部に中継局を整備する。 放送開始は2020年3月を予定している。
続き
 現在、 伊良部島南側と下地島エリアで1274世帯が難聴地域とされており、 黒澤社長は 「これで地域格差が無くなる。 特に防災情報を届けることが大事」 と話した。 仲里雅彦会長は3月のみやこ下地島空港ターミナル開港による観光客増加に触れ、「観光客向けの地域情報も積極的に発信していきたい」 と意欲を見せた。
 久恒所長は 「地域住民の方にとって大変有意義」 と述べ、 敬意をもって今回の交付に臨んだことを明かした。 続けて 「聞いて楽しく、 災害時には力を発揮してほしい」 と激励した。
 今回の交付は総務省の2019年度予算による無線システム普及支援事業費等補助金で、 整備事業費約2000万円のうち補助金額は約1350万円。 設置場所は市役所伊良部庁舎で、 市上野と多良間村に続き3局目。 市平良の親局、 中継局2局と同一周波数で放送する。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21328-1.jpg
久恒所長 (右2人目) から交付を受ける黒澤社長 (同3人目)、 仲里会長 (同4人目) =20日、 沖縄総合通信事務所

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加