記事一覧

伊良部大橋で衝突事故、約2時間渋滞

 






2019/05/14 09時05分配信 - 社会・一般 -

 伊良部大橋で12日、 レンタカーの普通乗用車と軽乗用車が衝突する交通事故が発生した。 この事故車両が一車線をふさいだため同大橋は2時間ほど渋滞となり、 多くのドライバーに影響が出た。 宮古島警察署によると2017年1月の開通から4年になる伊良部大橋での人身事故は初めてと見られるという。
続き
 衝突事故が発生したのは午後3時23分頃。 通報を受けて同署のパトカーや市消防本部から救急車が駆けつけ、 ケガ人を病院に搬送したあと現場検証など事故処理が終わり、 2台の事故車が伊良部島側の大橋たもと (駐車場) に運ばれたのが午後5時20分頃となった。
 その間の雨の中、 同大橋には地元住民や観光客のレンタカーなど車が次々と押し寄せた。 同署員らが交通整理を行っていたが、 事故車両1台が (宮古島から伊良部島への) 一車線をふさぐ形になったことから車がなかなか前に進まず、 同大橋を通過するのに1時間ほどかかった車もあったという。
 伊良部島側では、 南区 (伊良部地区) と北区 (佐良浜地区) からの車両が大橋入口で重なることから、 さらに渋滞となった。 事故発生から1時間後の渋滞は約3㌔にも達したと見られる。 伊良部島側で渋滞に巻き込まれた男性の運転手は 「何かあったのか」 と話しかけ、 交通事故を知ると驚いた様子。 また 「母の日」 で伊良部島の実家を訪れた帰りの女性は 「こんな渋滞は初めて。 (渋滞解消まで) どれくらいかかるのか」 と困惑した表情を見せていた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21289-1.jpg
事故発生から約2時間、伊良部大橋には車が押し寄せ渋滞を見せた=12日、午後5時20分頃 伊良部島側から撮影

ファイル 21289-2.jpg
伊良部大橋の伊良部側から約300㍍地点で衝突事故を起こした車両 (中央) =12日、 午後5時頃

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加