記事一覧

地区高校総体陸上、砂川慎太郎200㍍で2年連続新

 






2019/05/09 09時04分配信 - スポーツ -

 第46回宮古地区高校陸上競技選手権大会 (主催・宮古地区高校体育連盟) が8日午前10時から、 市陸上競技場で行われた。 トラック・フィールド男女計20種目で各校の代表選手らが日頃の練習の成果を発揮し、 記録を競い合った。
 このうち男子は200㍍で砂川慎太郎 (宮古) が21秒7の地区高校新記録を達成し、 100㍍Rで宮古高校Aチーム (小林馬瑠、 仲間優翔、 新里圭貴、 砂川慎太郎) が43秒8で大会記録を更新した。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21269-1.jpg
小雨が降る中懸命な走りを見せる選手ら=市陸上競技場

ファイル 21269-2.jpg
記録更新を目指して走り幅跳びに挑む宮古総合実業の選手

ファイル 21269-3.jpg
ハードル競技に挑む女子選手

ファイル 21269-4.jpg
女子選手もトラック競技で熱い走りを見せた

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加