記事一覧

18年度平均有効求人倍率1・67倍 過去最高を更新

 






2019/04/27 09時05分配信 - 産業・経済 -

 宮古公共職業安定所 (伊福美香所長) は26日、 2018年度計の雇用の動きを発表した。 それによると、 年度平均の有効求人倍率は1・67倍で前年度比0・27ポイント上昇となって過去最高を更新し、 4年連続で1倍超えを記録した。 県平均は1・18倍。 県内5職安の中でも最も高くなった。 観光の好調さなど景気の良さを背景にサービス業や宿泊業・飲食サービス業などが高い伸び率を見せているが、 人手不足の進行も懸念されている。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 
ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加