記事一覧

異常気象時の対応確認 市と気象台ホットライン訓練

 






2019/04/17 09時03分配信 - 政治・行政 -

 宮古島地方気象台の白川嘉茂台長と宮古島市の下地敏彦市長が異常気象時の対応を確認するホットライン伝達訓練が16日午前9時半から実施された。 台風特別警報を想定し、 白川台長が特別警報発表を連絡して警戒を呼びかけ。 下地市長が 「速やかに避難勧告などの発令を検討する」 などと対応した。
 訓練後、 下地市長は 「今年も気象台と情報の交換をしっかりやろうということでホットラインの訓練を実施した。 現実に大きな台風や暴風、 地震、 大雨等が発生した場合には気象台から速やかに連絡を頂けるという形になっている。 それを受け、 すぐさま対策本部を設置し市民の生命・財産が安全に確保されるよう努力していく」 と説明した。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21174-1.jpg
ホットライン伝達訓練で電話を受ける下地市長=市役所平良庁舎

ファイル 21174-2.jpg
ホットライン伝達訓練で下地市長に連絡する白川台長=宮古島地方気象台

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加