記事一覧

レース充実「来年も参加」選手らバイク引き取り

 






2019/04/16 09時04分配信 - スポーツ -

 第35回全日本トライアスロン宮古島大会のレースから一夜明けた15日、 バイクゴールの市陸上競技場東駐車場では預けていた選手らのバイクの引き渡しが行われた。
続き
 バイクは係員がスマートフォンで選手が身につけているリストバンドのバーコードを読み取ったのち、 選手に返却された。 バイクを受け取った後はJTAドームで行われた閉会式に参加する選手、 レンタカーを返却して空港に直行する選手と様々だった。
 海外の大会には出場経験があるものの、 同大会は初出場だった永井祐介さん (42) =東京都=は返却されたバイクを分解しながら、 大会について 「スイムは人の多さに呑まれ、 一瞬リタイヤも考えたほどだったが、 タイムは初めてにしてはいい方だったと思う」 と語った。 「島中が応援してくれて、 雰囲気がいいので来年も挑戦したい」 と満足した表情だった。
 18回も宮古島大会出場経験を持つ富永新吾さん (57) =埼玉県=は 「宮古島大会のいいところは昔から変わらない。 自然が豊かで応援も最高だ」 と振り返った。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21168-1.jpg
バイクを引き取る選手=市陸上競技場東駐車場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加