記事一覧

「水圧基準は守って」宮古都市計画公園で説明会

 






2019/04/13 09時03分配信 - 政治・行政 -

 県宮古土木事務所 (平良勝一所長) は11日夜、 宮古都市計画公園の変更にかかる住民説明会を市下地の与那覇区コミュニティセンターで実施した。 「9・6・1号宮古広域公園」 の都市計画決定に向けて地元の与那覇地区の住民を対象に行われたもので、 25人が参加して概要に認識を深めるとともに、 「家の前を1日何十台、 何百台と車が通ると思うと頭が痛い。 排気ガスやトイレの臭いも心配。 メイン駐車場を住宅地から離れた中央部分に変更してほしい」 「夏場は東急のプールや前浜のシャワーの影響か庭に散水しようとしてもチョロチョロっとしか出ない時もある。 水圧だけは基準を守ってほしい」 などと声を上げていた。
続き
 都市計画公園の決定は、 宮古圏域における国内外の観光客や市民など幅広い利用者のレクリエーション活動や憩いの場の形成、 地域の自然的資源を活用した観光振興の拠点の形成など、 良好な都市環境の形成を目的として行われるもの。
 計画概要では、 面積50・2㌶の敷地内に園路及び広場、 便益施設、 管理施設、 遊戯施設、 運動施設、 休憩施設などが整備されることなどが説明された。
 都市計画変更の手続きは、 同説明会のあと公聴会のための都市計画原案の縦覧が26日までの2週間、 県都市計画・モノレール課、 市都市計画課で行われ、 5月14日には公聴会を実施予定 (原案縦覧中に意見陳述の申し出がない場合は開催なし)。同中旬に市に意見照会(市都市計画審議会)、同下旬に都市計画案の公告・縦覧を行った後、 来年2月に県都市計画審議会、 同3月に都市計画変更の告示をして都市計画決定される予定。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21156-1.jpg
都市計画公園の概要について確認する地域住民ら=11日、 与那覇区コミュニティセンター

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加