記事一覧

宮古病院が県内でも初の取り組み国際診療室設置

 






2019/04/12 09時03分配信 - 社会・一般 -

 県立宮古病院 (本永英治院長) は近年増大する外国からの旅行者に対応して県内で初めて国際診療室を4月1日付で設置した。
 これは11日院内で本永院長と関係スタッフが会見を行い明らかにしたもので、 岸本信三副院長を室長に医師 (総合診療、 感染症)、 看護師、 事務職員で構成、 外国人渡航者や長期滞在者の搬送に対応する。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21151-1.jpg
国際診療部の設置について示した本永院長 (左から二人目) ら=宮古病院講堂

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加