記事一覧

大会成功の一助に、コカ・コーラ、オリオンが協賛金

 






2019/04/10 09時03分配信 - 社会・一般 -

【那覇支局】今月14日に迫る第35回全日本トライアスロン宮古島大会 (主催・同実行委員会) の成功に役立ててと8日、 協賛金贈呈が相次いで行われた。 浦添市の沖縄コカ・コーラボトリング (城英俊社長) 本社を訪れ、 嘉陽功常務から目録を受け取った実行委員長の長濱政治副市長は 「今年は35回目という節目。 世界に名をはせる大会となるよう努力する」 と成功に意欲をみせた=写真上=。
続き
 これに対し、 嘉陽常務は 「スタート時の水しぶきはいつ見ても迫力があり今年も楽しみにしている。 大会が盛り上がれば宮古島、 そして沖縄県全体も盛り上がる。 微力ながら協力したい」 と激励した。
 長濱副市長は続けて同市のオリオンビール (與那嶺清社長) 本社を訪問。 目録を手渡した新垣昌光相談役は 「初代社長の具志堅も宮古出身で非常に縁が深く、 第1回大会から協力させてもらっている。 自然・歴史・文化など魅力の多い宮古島は、 まだまだ潜在力がある。 総合飲料メーカーとしてこれまでの知見を活かしイベント成功に協力したい」 と意欲を見せた=同下=。
 この中で、 長濱副市長は 「毎年5000人ものボランティアに支えられている」 と多くの協力に感謝しつつ、 「スポーツアイランドとしてこの勢いをますます加速させていく」 と大会成功に向け抱負を語った。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21141-1.jpg
=写真上=

ファイル 21141-2.jpg
=同下=

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加