記事一覧

宮古島警備隊が本格始動、岩谷防衛大臣が隊旗授与

 






2019/04/09 09時05分配信 - 社会・一般 -

 陸上自衛隊宮古島駐屯地で7日、 宮古警備隊の隊旗授与式が行われ、 出席した岩屋毅防衛大臣は田中広明宮古警備隊長に隊旗を授与するとともに「使命感と責任感を持ち南西地域の島嶼防衛、 地元との信頼関係の構築を」 訓示した。 これに田中隊長は 「国防の最前線の隊として駐屯する意義を認識し、 宮古列島を守るという使命を踏まえ日々精進する」 と答辞。 宮古警備隊の本格任務が始動した。
続き
 岩屋防衛大臣が出席して午前11時から行われた式典には、 薗浦健太郎衆議院議員、 西銘恒三郎衆議院議員、 下地敏彦市長、 宮古地区自衛隊協力会の野津武彦会長、 ほか国・県・市関係者、 そして隊員の家族が招かれた。
 儀仗広場に来賓が参列し、 整列した正装の隊員の掲げる旗が翻る中、 隊員の栄誉礼に迎えられて岩屋大臣が入場し登壇。 大臣から 「頑張ってくれ」 の言葉が添えられ田中隊長に宮古警備隊旗が授与された。
 続いて岩屋大臣が 「宮古島は東シナ海と太平洋を隔てる要衝に位置し、 まさに我が国防衛の最前線にある。 その宮古島に宮古警備隊が発足したことは、 島嶼を守り抜く我が国の意思を示すとともに南西地域の各種事態への対処の礎を築くもので、 わが国防衛上、 極めて重要な意義がある。 授与式を迎えるまでの隊員の尽力に敬意と感謝の意を示したい。 自衛隊の任務を一分の隙も無く果たしていくことは決して容易ではないが、 地域コミュニティの支援もいただきつつ、 隊員自身に課せられた責務の重さを認識し一致団結して職務に精励することを期待する」 と訓示した。
 これに田中隊長は 「多くのご臨席のもと開設行事を挙行できることに感謝します。 国防の最前線で駐屯する意義を認識し、 任務への即応、 訓練精到及び家族・地域と共にを目標に美しい自然・文化に加え近年活気づく宮古列島の安全・安心に寄与したい」 と覇気溢れる答辞で応えた。
 紆余曲折を辿りつつも発足した宮古島警備隊。 これで南西地域の防衛を使命とした任務が緊張を孕みつつ本格的に始動する。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21134-1.jpg
岩屋防衛大臣から田中隊長に隊旗が授与された=陸上自衛隊宮古島駐屯地

ファイル 21134-2.jpg
岩屋毅防衛大臣に栄誉礼を示す警備隊員ら

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加