記事一覧

新入学児童の安全に 交通安全母の会がマスコット

 






2019/03/30 09時02分配信 - 教育 -

 県交通安全母の会宮古支部 (島尻清子支部長) は29日、 市教育委員会に宮國博教育長を訪ね、 2019年度新入学児童の交通安全に役立ててと、 厄除けの塩を封入した平和を呼ぶというフクロウの 「交通安全マスコット」 を贈呈した。 4月に小学校に入学する宮古島市や多良間村、 県立宮古特別支援学校などの子どもたちの交通安全を祈念して635個を贈ったもので、 同委員会などを通して各学校に送られる。
続き
 受け取った宮国教育長は 「毎年、 子どもたちのために本当にありがとう。 まずは安全・安心でないといけない。 その上に学力や体力の向上が乗っかってくる。 大事なことなのでぜひ続けてほしい」 と感謝の言葉を述べた。
 贈呈式で島尻支部長は 「小規模校の全校生徒の分もと多めに作った。 命を尊重する取り組みなので来年も頑張りたい。 特に交通安全に気を付けて、 子どもたちがすくすくと成長してくれたらと願っている」 と期待を寄せた。
 同母の会宮古支部と多良間村交通安全母の会は、 宮古交通安全協会と連携し地域の交通安全活動に取り組んでいる。 その一環として15年前から交通安全マスコットを製作して新入学児童に贈っているという。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21095-1.jpg
宮國教育長に交通安全マスコットを手渡す島尻支部長 (右から2人目) ら=市教育委員会

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加