記事一覧

トライ成功へ J‐TAP協力会など観光関連3団体寄付

 






2019/03/29 09時02分配信 - スポーツ -

 第35回宮古島トライアスロン宮古島大会まであと17日と迫った28日午前、 観光関連3団体が、 同大会会長の下地敏彦宮古島市長を訪ね 「大会運営に役立てて」 と、 金一封を寄付した。
続き
 寄付を行ったのはJ―TAP協力会、 KNT (近畿日本ツーリスト) 宮古会、 オリックスレンタカー宮古島の3団体。 J―TAP協力会は平良勝之宮古島支部長、 KNT宮古会は宮古島シギラリゾート運営統括の鈴木弘昭氏、 オリックスレンタカー宮古島は石原雄代表取締役が訪れ、 下地市長に金一封を寄付した。
 平良支部長らは 「35回の節目の大会ということで、 今年も寄付することになった。 大会成功へ向けともに頑張って行きましょう」 と述べた。 これを受け、 下地市長は 「長い期間協力してくれてありがとう。 ともに頑張りましょう」 と述べ、 感謝の意を表した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21090-1.jpg
トライアスロン寄付をするJTB宮古会の平良支部長(左から2人目) と、KNT宮古会の鈴木氏(右)、オリックスレンタカーの石原氏(左)=市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加