記事一覧

一般質問最終日「罪人扱い発言」で空転、流会

 






2019/03/28 09時05分配信 - 政治・行政 -

 開会中の宮古島市議会 (佐久本洋介議長) 3月定例会一般質問5日目の27日、 平良港で陸上自衛隊が車両配備のため利用した際に抗議した市民団体を警察が排除したことについて、上里樹氏 (共産) が 「なぜ市役所は市民を罪人扱いし排除したのか」 と追及。 この発言に下地敏彦市長は事実誤認があるとした上で 「罪人扱いの発言の撤回と謝罪しないかぎり答弁できない」 と拒否したことから約5時間にわたり空転。 この間、 佐久本議長が調整を図ったが、 上里氏は発言の撤回と謝罪に応じることが出来ないと態度を変えず、 これに与党議員は、 このままでは議場に入れないとしたため午後4時に流会した。 最終本会議の28日は午前10時に開会するが、 正常化へ向けて佐久本議長は 「与党議員を説得したい」 と話した。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21082-1.jpg
一般質問で追及する上里氏

ファイル 21082-2.jpg
上里氏の発言に対して撤回と謝罪を求める下地市長 (左) =市議会議場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加