記事一覧

宮古島でブラス・ジャンボリー、約200人が合奏

 






2019/03/19 09時01分配信 - 文化・芸能 -

 全国から吹奏楽大好きなメンバーが集まる沖縄初のイベント 「ブラス・ジャンボリー2019」 (主催・同実行委員会) が17日、 JTAドーム宮古島で開催された。 飯森範親氏の指揮で、 子どもから大人まで約200人が菅打楽器でクラシックやジャズ、 ポップスなどを大合奏。 ゲストのエリック・ミヤシロ氏がトランペットの演奏で盛り上げた。
続き
 同イベントは東京、 神奈川、 宮城、 大阪、 那覇などや地元の小中高校生らが参加し、 吹奏楽の合奏を通して交流を深めるもの。 宮古島での演奏は 「みんなで楽しむ大合奏」 と銘打って始まった。
 稲森さんの指揮により、 「ブラス・ジャンボリーのためのファンファーレ」 「アフリカン・シンフォニー」 「セプテンバー」 「風になりたい」 「マッカーサー・パーク」 「吹奏楽のための第一組曲よりシャコンヌマーチ」 「宝島」 などが演奏された。 会場に詰め掛けた人たちは大合奏に迫力を感じながら美しい音色を楽しんでいた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21045-1.jpg
約200人が合奏したブラス・ジャンボリー=17日、 JTAドーム宮古島

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加