記事一覧

酒気帯び議員辞職勧告陳情、審議未了に 総財委

 






2019/03/16 09時03分配信 - 政治・行政 -

 開会中の宮古島市議会 (佐久本洋介議長) 3月定例会は15日、 総務財政委員会 (山里雅彦委員長) が市役所平良庁舎で開かれ、 委員が付託された条例案など議案13件と陳情5件について討論と採決を行った。 このうち議会の浄化を求める市民有志の会 (岸本邦弘代表) が提出した 「酒気帯び運転砂川辰夫議員に対する議員辞職勧告決議に関する陳情」 は、 「総務財政委員会のみではなく議会運営委員会等で審議すべき」 (濱元雅浩氏) と確認した上で、 全会一致で審議未了とした。
続き
 濱元氏は 「議員の資格に関わる大きな問題。 議会運営の大元であり、 その様な案件に関しては議会を運営する議会運営委員会または議員全員が参加する全員協議会での審議に基づいて議場で採決するべきだと考える」 と意見を述べた。
 國仲昌二氏が 「1常任委員会でやるのではなく、 議会運営委員会等で審議すべきという話だが、 この問題で議会がしっかりと議論しているのが見えずに市民がやむにやまれず動いたのがこの陳情書。 議会の自浄作用を求めており、 それに答えて市議会の姿勢を示すべき。審議未了にしたあと、また議会の動きが見えなかったら市民感情からしたら許されないこと。 きちんと取り組んでほしい」 とするなど委員たちも理解を示した。
 また、 ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会 (仲里成繁代表) の 「千代田の陸自駐屯地建設に関する陳情」 は、 賛成少数で不採択とするものと決した。 粟国恒弘氏は 「建設にあたり防衛省は事前調査をし、 関連法令に則って事業を進めており、 議員の視察等は必要ない」 と反対意見を述べ、 國仲氏は 「この資料にあることは本当に大丈夫なのか。 市民が不安に思っていることを議員として確認し、 大丈夫ならそう報告して安心して貰えば良い。 当たり前のことで、 それが議員の役割だ」 と賛成した。
 財産の無償譲渡は討論・採決の結果、 賛成多数で原案通り可決された。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21032-1.jpg
財産の無償譲渡を賛成多数で原案通り可決した市議会総務財政委員会=市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加