記事一覧

北中で入学前の体験授業、北小、東小135人が参加

 






2019/03/15 09時01分配信 - 教育 -

 4月の新入学に備えて13日、 北中学校 (友利直喜校長) では入学前授業体験を実施した。
 授業には入学を予定する北小45人、 東小90人の計135人の児童が参加したほか、 多くの父母の姿もみられた。 そして4教室に分かれて英語、 数学、 理科の3科目の授業を体験した。
続き
 英語の授業ではカナダからやってきた派遣講師がジョークを交えて授業を進めたが、 流ちょうな本場の英語とあって児童たちはやや緊張した面持ちで耳を傾けた。 また理科の授業では器材を用いた実験も行われたが、 授業を体験した児童たちは共通して 「中学の授業は難しそう、 予習、 復習が大切な感じがした」 と緊張気味。 そして見守った保護者も 「早く慣れてほしい。 そのためにもこれまで以上にサポートに努めたい」 と新たに迎える学びのステージに児童共々気持ちを高めていた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21029-1.jpg
本場の英語にやや緊張した面持ちの児童た=13日、 北中学校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加