記事一覧

市民有志の会、砂川議員の辞職要求 酒気帯び問題で

 






2019/03/14 09時02分配信 - 政治・行政 -

 議会の浄化を求める市民有志の会の岸本邦弘代表らが13日、 市役所平良庁舎で会見し、 昨年12月に酒気帯び運転で検挙されたにも関わらず議会での報告も謝罪もなく議員活動している砂川辰夫氏の行動を批判。 議会開会中の事案で、 先の臨時議会で 「議員辞職勧告」 の動議を与党多数で否決したことは自浄能力が欠けているとして 「酒気帯び運転と対応について市民説明会を求める」 との署名活動を行うと述べた。
続き
 市民説明会は砂川議員と市議会の佐久本洋介議長、 与党議員会の棚原芳樹会長、 下地敏彦市長に求めていくもの。 岸本代表らは砂川議員に対し 「議会での報告や謝罪もなく、 最終本会議で採決に加わったのは市民をないがしろにした前代未聞の出来事」 と批判した。 また 「市が飲酒運転撲滅運動を開催するなど市民への啓発活動をする中、 このような行為を議員が行い、 それを知ったうえで議会多数で擁護したことは言語道断であり、 議長や市長の対応は市民を愚弄する行為。 市民への説明責任を果たす必要がある」 と強調した。
 署名活動は同日から始まっており、 個人や街頭などで呼びかけている。 期間は3月中を予定し、 4月4日頃に砂川議員らに市民説明会を求めていくという。
 会見の前には佐久本議長に議員辞職勧告決議の要請を行った。 有志の会メンバーらは 「議員が重大な問題を起こし、 それを知ったうえで議会の中で活動させるのはおかしい。 議員として処分を受け、 みそぎを行って議会活動すべき。 議会の自浄能力が問われており、 このままでは市民との信頼がまったく無くなる」 などの意見があった。
 佐久本議長は耳を傾け、 「みなさんの要請趣旨はよく分かった。 今議会でしっかりやっていきたい」 と述べた。 議会に対しては2月27日に陳情書が出されており、 14日に開かれる総務財政委員会で審議される。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21023-1.jpg
市議会議員の酒気帯び運転と対応についての市民説明会を求める署名活動の考えを述べる岸本代表 (手前左) ら=市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加