記事一覧

損害補償で村、月島機械双方ゆずらず平行線

 






2019/03/13 09時04分配信 - 政治・行政 -

【多良間】多良間村議会 (森山実夫議長) 3月定例会は11日、 一般質問が行われ、 富原安則、 豊見山正、 渡口直和、 本村健次、 安里三喜男、 福嶺常夫の6氏が当局の考えを質した。 新製糖工場への機械設備導入の作業をしていた月島機械が建築工期の遅れによって損害を受けたとして賠償請求している件で、 伊良皆光夫村長は月島機械が3億670万3000円から2億1582万1000円まで下げたことを説明し、 那覇地方裁判所の第3回調停委員会では 「(双方とも) その額は譲らず平行線を辿った。 委員会としてもこれ以上は進展が望めないと判断して終了した。 今後は双方で協議する中で再度、 調停員会に申し立てすることになる」 と答弁した。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21016-1.jpg
新製糖工場の月島機械との調停などに答弁する伊良皆村長=11日、 多良間村議場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加