記事一覧

「心豊かなふるさとづくり」実践8個人・団体を表彰

 






2019/03/13 09時05分配信 - 社会・一般 -

 宮古島市市民運動実践協議会 (前川尚誼会長) 主催の第13回心豊かなふるさとづくり表彰式が11日、 平良港マリンターミナルで行われた。 クリーン・グリーン・グレイシャスの3部会で美化活動や親切運動活動などを実践し評価を受けた8個人・団体が表彰された。 前川会長は 「これまで受賞された多くの団体や個人、 この市民運動を理解し協力したみなさんに心より感謝する。 今後も引き続き心豊かなふるさとづくり運動を実践してもらいたい」 と期待を寄せた。
続き
 表彰式ではクリーン部会の伊良皆みさ代部会長 (代理)、 グリーン部会の平良耕次郎部会長、 グレイシャス部会の當間篤部会長が経過報告し、 各受賞者・団体を紹介し、 前川会長が表彰。 受賞者代表で、 緑の街角賞の島尻輝市さんが 「コツコツとやってきた庭づくりが評価されて嬉しい。 完成はないと思うので、 もっと良い庭を目指して取り組んでいきたい」 と意欲を見せた。
 前川会長は 「これまでにも増して地域をより良くするために頑張っているみなさんと連携を密に一層市民同士の輪を広げながら市民運動を推進し清潔で緑多く親切と思いやりのある住み良い宮古島の実現に取り組んでいく」 と強調した。
 長濱政治副市長は 「どれも大変な活動ばかり。 明るくきれいで思いやりのある島になるよう一生懸命活躍されていることに頭の下がる思い。 今日の受賞を機に心機一転、 より充実した取り組みをお願いしたい」 と呼びかけた。 市議会の佐久本洋介議長が 「人間は常にクリーンで安らぎのある生活を求めており、 みなさんの活動は市民の模範となり、 さらなる活動の実践につながる」 とたたえ、 市教育委員会の宮國博教育長も受賞者を祝福した。
 クリーン賞のMSEN宮古島 海の環境ネットワークは市内各海岸での清掃事業や教育事業、 伊良部島海守団は伊良部地区での海浜清掃活動がそれぞれ評価された。 親切運動活動賞の知念健次さんは元世界チャンピオンの比嘉大吾選手など中高生へのボクシング指導、 友利博明さんは南小学校近くの交差点での朝の交通指導が認められた。
 このほか緑の街角賞では、 緑の街角賞に島尻輝市さん (伊良部字長浜)、 緑化推進賞に謝花政広さん (同)、 植栽努力賞に岡村幸夫さん (平良字西里)、 花と緑の塀賞に仲里憲和さん (下地字洲鎌) がそれぞれ選出されている。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21015-1.jpg
表彰を受け、 喜びと今後のさらなる意欲を見せる受賞者ら=11日、 平良港マリンターミナル

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加