記事一覧

【中学校卒業式写真特集】

 






2019/03/12 09時00分配信 - 教育 -

12小中学校卒業式 巣立つ 感謝、新たなステージへ

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 21014-1.jpg
 市立鏡原中学校 (下地悦子校長) の卒業式は同校体育館で行われた。 まず在校生らに見守られながら卒業生19人が入場。 国歌・校歌斉唱、 1年のあゆみの報告のあと、 卒業証書授与が行われ、 下地校長から卒業生1人ひとりに証書が贈られた。 卒業生たちは壇上に上がる時に後輩からその人となりが紹介され、 笑顔を見せていた。 下地校長は式辞で 「どんな時でも挑戦し、 前進する心を持って、 新たなる希望に向けて進んでほしい」 と述べた。 最後は卒業ソングの定番、 「旅立ちの日に」 を全員で合唱。 通い慣れた学び舎に別れを告げた。

ファイル 21014-2.jpg
 市立伊良部中学校 (垣花秀明校長) の卒業式は、 午前9時から同校体育館で行われた。 卒業生27人が恩師や在校生らの祝福を受け、 3年間通った学び舎を巣立った。 垣花校長が勉強や部活動に 「頑張った証」 の卒業証書を授与。 緊張ぎみに受けながらも後輩からの花束贈呈に笑顔が見られた。 宮古島市教育委員会の渡久山ひろみ委員、 親泊ゆかりPTA会長が来賓祝辞を述べた。 在校生代表では佐久川莉奈さんが送辞を述べ、 卒業生代表では嘉数優愛さん、 近角悠君、 吉浜承太郎君、 譜久島千晴さんが答辞で感謝の気持ちを伝えた。

ファイル 21014-3.jpg
 市立佐良浜中学校 (友利克彦校長) の卒業式は午前10時から同校体育館で行われた。 卒業生19人が友利校長から卒業証書を受け取り、 3年間勉強や部活動などに頑張った学び舎を後にした。 友利校長は 「賢く、 優しく、 逞しく成長した皆さんを心から讃えたい。 進路は違っても、 共に過ごした仲間の絆をこれからも大切にしてほしい」 と祝福した。 宮國博教育長が告示、 浜川和美PTA会長が祝辞を述べ、 卒業生代表では上地大翔君、 親泊莉子さん、 平良琉南さん、 山原沙利奈さんが別れの言葉を述べた。

ファイル 21014-4.jpg
 市立西城中学校 (島尻政俊校長) の卒業式が同校体育館で行われた。 16人 (男子10人、 女子6人) の卒業生が 「たくさんの日々に感謝、 新しい道へと進もう。 16のハピネス」 を心に刻み、 母校を巣立った。 式典では友利尚子教頭が学事報告で生徒の文化面、 スポーツ面での活躍を振り返り報告した。 島尻校長が卒業認定を行い、 一人ひとりに卒業証書を手渡した。 神里琉夢さん、 赤嶺杏果さん、 當銘詞琉君、 伊波温人君が答辞を述べた。 3カ年皆出席賞は宮国政哉君、 すなかぎくがに賞は赤嶺杏果さんに贈られた。

ファイル 21014-5.jpg
 市立上野中学校 (友利和弘校長) の卒業式が同校体育館で挙行され、 「一生に一度の晴れ舞台、 71期卒いざ出陣~たくさんの輝く日々をありがとう」 をテーマに28人 (男子16人、 女子12人) の卒業生が恩師や友と過ごした思い出を胸に学び舎をあとにした。 式典は恩師や両親、 在校生などが見守るなか厳かに進められた。 友利校長が卒業認定後、 卒業証書を授与。 答辞は新里豪大君、 宮國明也君、 新里巨樹君、 上地愛音さんが卒業生を代表し、 恩師や両親、 在校生、 仲間に感謝を述べた。 最後に 「贈る言葉」 を合唱した。

ファイル 21014-6.jpg
 市立久松中学校 (宮國幸夫校長) は56人の卒業生が晴れの日を迎えた。 父母や在校生、 恩師らに迎えられて笑顔で入場。 国歌・校歌斉唱、 学事報告に続いて、 宮国校長が卒業生1人ひとりに卒業証書を手渡した。 引き続き宮國校長が式辞で 「卒業生のみなさんおめでとう。 これからも夢と希望を胸に大きく羽ばたいてほしい」 と述べ、 卒業生にエールを送った。 来賓祝辞や特別表彰などが行われた後、 在校生を代表して平良繁旭生徒会長が送辞を述べ、 これに卒業生代表の亀川史君、 上地理央さん、 澤田百さんの3人が答辞を述べた。

ファイル 21014-7.jpg
 市立平良中学校 (池城健校長) の第67回卒業式は午前9時半から行われた。 179人の卒業生が保護者や在校生、 教職員など関係者の祝福を受けながら通い慣れた学び舎を巣立った。 池城校長が卒業認定のあと、 一人ひとりに卒業証書を授与。 名前を呼ばれ力強く返事する卒業生や壇上で 「お父さん、 お母さんありがとう」 と叫ぶ卒業生の姿に、 会場からは温かい拍手が沸き起こった。 学校特別賞の授与も行われ、 特別功労賞、 成績優秀賞、 スポーツ・文化賞受賞者から選ばれる 「しののめ大賞」 は立津睦良君が受賞した。

ファイル 21014-8.jpg
 市立北中学校 (友利直喜校長) の第43回卒業式は午前9時から体育館で行われた。 在校生や教職員、 保護者など多くの関係者が見守る中、 第43期卒業生89人が晴れの門出を迎えた。 この中で友利校長は 「それぞれの道に進み新たな出会いの連続が待っている。 どんな時でも挑戦し前進する心を持って、 さらなる成長の歩みを大きくそして力強く踏み出してほしい。 幾多の困難に出くわしてもこの3年間で得た絆と思い出を胸に、 北中プライドを持ってしっかり乗り切ってほしい。 君たちならきっとできると信じている」 と述べた。

ファイル 21014-9.jpg
 市立下地中学校 (砂川勝昭校長) の卒業式は在校生、 恩師、 父母らの見守る中行われた。 卒業生30人 (男子、 女子各15人) は手拍子で迎えられ入場。 国歌・校歌斉唱、 学事報告のあと卒業証書が、 砂川校長から1人びとりに贈られた。 砂川校長は式辞で卒業を祝福するとともに、 それぞれの道で活躍するようエールを送った。 また在校生を代表して洲鎌太陽生徒会長が送辞を述べ、 これに応えて卒業生を代表して加賀政宗君、 狩俣亘君、 岸本彩美さん、 川満光珠さんの4人が答辞を述べ、 無事卒業できたことに感謝した。

ファイル 21014-10.jpg
 市立城辺中学校 (西里純二校長) の第71回卒業式が同校体育館で行われた。 12人 (男子2人、 女子10人) の卒業生が恩師や在校生、 両親の見守るなか、 3年間慣れ親しんだ学び舎をあとにした。 午前9時半に始まった式典は嘉手苅美知恵教頭が学事報告を行い、 西里校長が卒業認定並びに卒業証書を授与。 市教育委員会学校教育課の下地義信主幹が告示を述べた。 3年間無遅刻無欠席で登校した伊計蘭菜さんに3カ年皆出席賞、 益田万綸さんに 「すなかぎくがに賞」 が贈られた。

ファイル 21014-11.jpg
 市立狩俣中学校 (宮國勝也校長) の卒業式は午前9時15分から同校体育館で開かれ、 7人が思い出深い母校に別れを告げた。 式には雨天にもかかわらず卒業生の父母や関係者が早くから足を運び、 節目を見守った。 式辞で宮國校長は 「旅立ちの決意を示した卒業生の皆さんの表情はとても晴れやかです。 これからも向上心を持ち、 社会に学び、 視野と可能性を広げ、 周囲から信頼される高校生になって下さい」 とエール。 これに卒業生は感謝と将来の夢を示して応え、 涙混じりの笑顔で母校を後にした。

ファイル 21014-12.jpg
 市立池間小中学校 (与那覇淳校長) の卒業式は午前9時半から同校体育館で行われ、 小学5人、 中学2人の計7人が卒業した。 式には多くの卒業生の父母や家族はもとより、 地域住民も姿を見せ、 卒業の節目を祝い激励した。 これら見守る中、 与那覇校長は 「小学卒業の皆さんは中学でも学びの継続を心がけ、 中学卒業の皆さんは将来を見据え、 新たな出会いを大切に大きく羽ばたいて下さい」 と激励した。 これに卒業生の多くは感じ入った様子で涙ぐみつつも、 感謝と将来への覇気を見せていた。

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加