記事一覧

カギマナフラ予算減、地元中心に同レベル目指す

 






2019/03/08 09時03分配信 - 催事・イベント -

 「カギマナフラin宮古島2019」 実行委員会 (大会長・長濱政治副市長) は7日、 市役所平良庁舎2階会議室で総会を開いた。 18年度の同イベントの日程及び収支決算書の報告を行ったのち、 19年度の開催要項、 収支予算書 (案) について説明。 今年度は予算を前年度より463万761円減額しての開催を予定。 長濱大会長は 「予算は下がるがハワイからのゲストを減らし、 地元を中心に昨年度と同程度のレベルを維持できるように行いたい」 と述べた。
続き
 18年度の同イベントは台風25号の影響でハワイからのゲストの渡航や当該からの参加者の安全を考慮して中止となった。また、自然災害による中止のため参加料の返金を行った。 中止の経緯及び経費の状況を協賛各社に説明し、 協賛金の返還は行わなかったという。 繰越金は333万2239円。
 今大会の予算は、 繰越金があることから交付金は前大会300万円に対し0円、 参加費は前大会200万に対し12万円の188万円の減額で事業収入は前大会135万に対し110万円の25万円の減額。 協賛金は18年度の協賛金の返還を行わなかったことを踏まえて前大会500万に対し、 310万円減の200万となっている。
 大会の日程についてはパネル展示が9月2日から8日まで。 市役所平良庁舎ロビー (予定)、 宮古空港ロビー (予定)、 告知イベントは9月29日午後5時からマックスバリュー宮古南店 (予定)、 奉納舞 (奉納祈願) は10月4日に宮古、 伊良部の拝所。 フラ交流会は同日マティダ市民劇場、 トゥリバーフラは5日午後3時からトゥリバー海浜公園 (小雨決行)、 大会 (コンペティション) は6日午前10時半からマティダ市民劇場で開催予定となっている。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20994-1.jpg
総会で実行委員が2019年度のカギマナフラの予算などについて確認した=市役所平良庁舎2階会議室

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加