記事一覧

あす劇団四季宮古公演 下地市長を訪問し説明

 






2019/03/02 09時03分配信 - 文化・芸能 -

 3日にマティダ市民劇場で行われる劇団四季ファミリーミュージカル 「魔法をすてたマジョリン」 宮古島公演 (主催・宮古島商工会議所青年部) の出演者らが1日、 市役所平良庁舎を訪れ、 下地敏彦市長に公演を説明した。 ニラミンゴ役の丹下博喜さんは 「僕自身宮古島での公演は4回目。 宮古島に来ることが出来て大変うれしい」 と述べた。
続き
 訪問には、 公演出演者の丹下さん、 ステファン役の澁谷陽香さん、 同部の坂口大明会長、 砂川英輝さんなどが参加した。 劇団四季の公演は今年で14回目。 「魔法をすてたマジョリン」 は宮古島では3回目の上演となる。 この中で下地市長は 「毎年の公演を子どもたちも楽しみにしている。 ありがとう」 と感謝した。
 澁谷さんは 「見どころは最後に出演者と観客が一体となって歌を歌うことで魔女が負ける場面。 劇中に何度も歌う場面があるので、 宮古のみなさんと一緒に歌うのが楽しみ」 と話した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20967-1.jpg
劇団四季の澁谷さん (左から3人目)、 丹下さん (同6人目) =市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加