記事一覧

「物流と人」一体化整備、平良臨港地区指定変更へ

 






2019/03/01 09時05分配信 - 産業・経済 -

 2018年度第2回宮古島市地方港湾審議会が28日、 平良港ターミナルビル2階大研修室で行われた。 宮古島市 (下地敏彦市長) から諮問を受けた宮古都市計画の平良臨港地区指定審議では漲水地区が約6・4㌶、 トゥリバー地区が約1・1㌶の計約7・5㌶を追加することの議案が提案。 変更理由は市民の生活を支える物流拠点と外国クルーズ船受入れの 「物流と人」 の一体化した整備が課題として挙がっていることが説明された。 委員から異論はなく承認され、 4日に下地市長に答申される。 このあと市が県に報告し、 8月頃に予定されている県都市計画審議会で決定後は市議会で条例変更議決を経て18年度内に 「商港区」 の分区が指定される予定。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20960-1.jpg
平良臨港地区指定変更審議の諮問を受ける宮古島市地方港湾審議会の下地会長 (左) =平良港ターミナルビル

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加