記事一覧

新基地県民投票「辺野古反対」民意示す

 






2019/02/25 09時05分配信 - 政治・行政 -

 名護市辺野古の米軍新基地建設に伴う埋立ての賛否を問う県民投票は24日投票が行われ、 即日開票された。 県民が3択から選んだ結果、 午後11時30分発表 (99・87%) では「賛成」 11万4908人、 「反対」 43万4149人、 「どちらでもない」 5万2676人人となった。 普天間飛行場の移設に伴う新基地建設の賛否について県民が意思を示すのは初めて。 県民投票条例により、 「反対」 が投票資格者総数 (115万6295人) の4分の1に達したことから、 玉城デニー知事は日米両政府に結果を通知することになる。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20938-1.jpg
午後9時の作業開始とともに一斉に開票を始める担当者ら=北小学校体育館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加