記事一覧

市スポーツ協会新年度向け、シンボルマーク公募

 






2019/02/16 09時04分配信 - スポーツ -

 新年度から 「一般社団法人宮古島市スポーツ協会」 に名称変更する宮古島市体育協会 (長濱博文会長) が15日から新団体のシンボルマークを公募している。 14日午後3時から、 市陸上競技場会議室で記者会見し発表した長濱会長は 「広く市民に公募し、 市民のスポーツ振興組織としての責任と義務をアピールする。 市民参加を促すことで市民との一体感と組織の透明性等を共有したい。 ぜひ広く市民のみなさんに応募していただきたい」 などと多くの応募を呼びかけた。
続き
 シンボルマークのコンセプトは▽宮古島市民のみならず、 郡民全体の 「健康の増進とスポーツの振興」 をアピールするデザイン▽伸びやかで、 未来への発展性とスポーツの力をイメージできるデザイン▽他に類似性を感じさせない、 斬新でアイデア溢れるデザイン│としている│。 マークは協会旗をはじめホームページや賞状、 会議等の資料、 封筒などで使用されていく。
 応募要領は 「ヨコ置きのA4サイズ用紙に、 縦15㌢、 横15㌢の枠を作り、 枠内にシンボルマークをデザインする。 色は4色以内におさめる。 『宮古島市スポーツ協会』 の文字挿入は自由とする。 応募者は、 市体育協会事務局 (市陸上競技場内) に持参するか、 メール (miyakojima-taikyo@angel.ocn.ne.jp) またはFAX (75・3586) で応募する。 同時に、 シンボルマークの説明も150字以内で添付する」 こととしている。
 公募期間は3月15日までの1ヵ月間。 応募資格は宮古島市民及び多良間村民で、 プロ・アマを問わない。 体育協会役員及び市民代表、 有識者を含む審査委員会を組織して厳正な審査を実施。 3月中に決定・発表するとしている。
 応募作品の中から最優秀賞1点を採用シンボルマークとし、 賞状と賞金2万円を贈呈するほか、 優秀賞2点を選出して賞状と賞金1万円を贈る。 採用デザインは、 専門家のアドバイスを受けて一部手直しを行う場合もあるという。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20902-1.jpg
宮古島市スポーツ協会シンボルマークの応募を呼びかける長濱会長 (左) ら=市陸上競技場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加