記事一覧

宮古総実生徒ら、家庭科検定1級に合格

 






2019/02/08 09時04分配信 - 社会・一般 -

 県立宮古総合実業高校 (平良淳校長) の生活福祉科の生徒たちが全国高等学校家庭科技術検定に挑戦し、 食物調理1級が3人、 被服製作1級が11人、 保育検定1級は8人の合格者が出たと発表した。
続き
 食物調理1級は 「高度な技術が調理に応用でき、 課題に応じた供応食、 行事食などの献立作成及び調理ができる」 となっており、 献立作成に30分、 調理に90分の実技試験と筆記試験があった。
 被服製作1級の和服は 「構成と製作に関する知識、 技術をもち、 ひとえ長着を製作することができる」 で検定時間は4時間。 1カ月前に実技試験の内容が伝えられ指示された作品を製作。 筆記試験では 「和服の着装とマナー」 などについて出題された。
 保育技術は4級から1級までそれぞれのレベルに合わせて 「音楽・リズム表現」、 「造形表現技術」、 「言語表現技術」、 「家庭看護技術」 で検定され、 1級は筆記試験で各種目の専門的知識も問われる。 このうち、 保育技術検定に合格した下地理沙さんは 「夏休みからそれぞれ苦手な分野に分かれ、 解らない所を修正しながら検定合格に向けて取り組んできた。 2級とは違い、 折り紙ではなく、 身近にある素材を使い作品を完成させるところが難しかった。 将来保育士になりたい。 合格に向けて取り組んできたことを今後に活かしたい」 と述べた。
 合格者は次の通り。
 【家庭科食物調理技術検定1級】神里朱琉、 瑞慶覧沙幸、 砂川菜奈
 【家庭科被服製作技術検定1級】池原夢野、 兼島沙綾、 神里朱琉、 下地優々、 下地里沙、 末広涼菜、 平良菜々子、 浜川栞、 松川満里奈、 元橋沙良、 与座菜津希
 【家庭保育技術検定1級】音楽リズム=親泊羅沙▽造形表現=親泊羅沙、 兼島沙綾、 具志堅未玲、 下地里沙、 元橋沙良、 与座菜津希▽家庭看護=親泊羅沙、 兼島沙綾、 具志堅未玲、 下地笑弥華、 平良菜々子、 元橋沙良、 与座菜津希

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 20866-1.jpg
合格に笑顔を見せる生徒たち=宮古総合実業高校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加