記事一覧

市が楽器購入へ、小中学校吹奏楽部要望実る

 






2019/02/06 09時05分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市 (下地敏彦市長) は沖縄振興一括交付金を活用し、 小中学校吹奏楽用の楽器と電子黒板を購入する。 楽器は吹奏楽部が活動する平良中や北中などを取りまとめた宮古地区吹奏楽連盟 (池城健会長) が要望書を教育委員会に提出し、 それに応える形で購入を決め、 4日に開かれた市議会臨時会に地域連携小中学校吹奏楽環境整備事業備品購入と電子黒板整備事業に係る物品購入の財産取得の議案として提案され全会一致で承認された。 市の予算で楽器を購入するのは初めてで、 要望書には 「20年、 30年前の古い楽器を修理しながら使っており、 コンクールで他地区との差を感じる」 などとあり、 児童生徒たちの切実な願いが叶うことになった。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 
ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加